MEMBER

加藤
晃央

Akiou KATO

加藤 晃央

1983年、長野県生まれ。武蔵野美術大学芸術文化学科卒。
大学3年時、数々の挫折から「脱美大」を図り、独立系ベンチャーキャピタルでインターン。
インキュベーションオフィス入居企業のCIVIやブランディングをはじめ、広告制作を請負うことを通して「属美大」を強く感じる。
内定を断り、学部4年時に起業し、モーフィングを設立。
商品開発や広告企画制作請負の他、フリーマガジンPARTNERの発行、展覧会THE SIX、美大生に特化した就職メディア「美ナビ」、就職展覧会「美ナビ展」を立ち上げる。
2013年には同世代のフリーランス化や独立起業の流れを感じ、個が集結できる場所としてクリエイティブアソシエーションCEKAIを設立。
2017年、今までの活動の集大成となるクリエイティブプラットフォームBAUSを立ち上げ。
クリエイティブチームTYMOTEにもメンバーとして在籍し自身も多様な働き方を摸索し、在籍する組織間を横断活動中。
得意なことは、思いつきの行動と、意味のないイタズラ。
二児の父。自身も多様な働き方を摸索し、在籍する組織間を横断活動中。

株式会社モーフィング 代表取締役
世界株式会社 共同代表
BAUS発起人
FB:https://www.facebook.com/akiou.kato

田中
啓志朗

Keishiro TANAKA

田中 啓志朗

1986年奈良県出身。慶應義塾大学総合政策学部卒業。
大学2年時、加藤と出会い、自分とは違う生き方をしている美大生に興味を持ち、
2006年にモーフィングを起業。
大学卒業後、株式会社リクルートに入社。
主にライフスタイル領域にて、事業戦略、マーケティング、新規事業立ち上げ、子会社の経営管理などを担当。
その後、大学時代の友人が立ち上げた人工知能マーケティングのスタートアップでマーケティングを担当。
2016年8月に加藤より再度声がかかり、モーフィングに再度ジョイン。
BAUS事業部長として経営、事業推進を担当。
野球が大好き(プレーをしたことはない)。

小松
健太郎

Kentaro KOMATSU

小松 健太郎

1985年、茨城県常陸大宮市生まれ。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒。
美容室「ビューティ小松」の長男として生を受ける。高校1年の時、水戸芸術館のギャラリートーカーであった姉に誘われ、川俣正のdairynews展の設営の手伝いをきっかけに現代美術に出会う。高校卒業後、京都芸術大学情報デザイン学科に入学するも1年で中退、武蔵野美術大学基礎デザイン学科に入り直す。深澤ゼミに所属し、ただひたすらデザインと自分のやりたいことを考えた4年間。西村佳哲先生に感銘を受ける。卒業後、デザイン制作会社に就職するも半年で退職。期間限定アーティストショップPOMYに誘われ店長へ。人生が大きく動きだす…。それをきっかけに加藤晃央と出会い、株式会社モーフィングへ入社。モーフィングの「松潤」「鎮座DOPENESS」「Mrビーン」として様々な役どころを担っている。主に、プランニング、デザイン制作、美大生向けプロモーションなどが専門領域。

(世界株式会社 兼務)

杉本
真帆

Maho SUGIMOTO

杉本 真帆

1986年、横浜生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。
イラストレーターになりたくて苦労して入った美大。
いざ入学してみたら想像の斜め上の授業や講義ばかりでグレる。
デザインってなんだろう、向いてないんじゃないか、ともやもや過ごす中、
大学3年次で“ワークショップ”に出会う。
頭を殴られたような衝撃でくらくらしながらも怒濤の1年間を仲間達と駆け抜ける。
この年の記憶、経験は一生の宝物。
4年次の卒業制作も紆余曲折しながらやはりワークショップにたどり着き人生の目標を見つける。
卒業後、NPO法人の職員、雑貨屋を経てモーフィングに入社。
現在メディアチームに所属し、ふにゃふにゃの美大脳をフル活用中。
入社早々ガヤ芸人と言われくじけそうになるが、起死回生を目指す。

(C株式会社 兼務)

吉田
裕紀

Yuki YOSHIDA

吉田 裕紀

1985年埼玉県出身。埼玉の田舎の臨床心理学部卒。
WEB制作会社のディレクター、アパレル誌の公式通販立ち上げ、AIベンチャーで運用コンサルと、
興味の赴くまま渡り歩き、モーフィングにBAUS立ち上げで参画。
事業会社や制作会社、クリエイター、学生など、BAUS・PARTNERに関わる全ての方々への行脚担当。
日々出会うクリエイターの、クリエイティブに対する熱い気持ちに感化され、高揚する毎日。
好きなものはアルコール・バイク・相撲。
呼ばれたら断らないことがモットー。

https://www.facebook.com/ysduk2

酒井博基

Hiroki SAKAI

酒井博基

1977年、和歌山県生まれ。
武蔵野美術大学大学院修士課程修了。
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科博士課程中退。
リライトとの業務提携を機に、モーフィングに参加。
2社に在籍しながら横断的に様々なプロジェクトを担当。
企業やブランドのマーケティング価値を最大化する、統合的コミュニケーション戦略が専門領域。
「キッズデザイン賞」をはじめ、受賞歴多数。
嫌いな食べ物はニンジンとモチ。

2010〜2012年 首都大学東京非常勤講師
2014年〜 法政大学非常勤講師
2015年 桑沢デザイン研究所非常勤講師

今井
浩平

Kohei IMAI

今井 浩平

1983年、大阪府生まれ。早稲田大学理工学部卒。モーフィングでは最もアートに遠い人間。
大学では化学を専攻していたが、知れば知る程、研究への興味がなくなる。
一方で、起業家として生きることにどんどん魅力を感じるようになる。
そんなときに、代表の加藤に出会い、モーフィングを設立。
在学中はモーフィングで奮闘するものの、訳あって大学卒業後は一般企業に就職することになる。
SIer、大手コンサルティングファームで約6年間修行を積み、2014年2月に再びモーフィングにJoin。
まずは新規サービスの拡大や財務担当となるが、その他事業へも関与する予定。
一番の悩みは、3~5歳実年齢より若く見られること。

(世界株式会社/C株式会社 兼務)


利也

Kazuya IZUMI

泉 利也

1990年、香川県出身。19歳の頃より唐突に声優になる道を選ぶ。
地元の専門学校に通いつつ、声優養成所に大阪3年、東京2年の計5年間通う。
FMラジオパーソナリティ、イベント司会業などを経験。
後、フリーランスとして声優活動を開始する。

2015年より主婦人材領域の事業を展開する会社に入社。声を武器として、テレアポ、テレマーケティング業務を主に担当。

個人の活動としてアニメ、漫画を作る同人サークルを作る。その過程で、
各業界を目指すクリエイターの抱える悩みが声優を目指していた頃の自分と共通していることに気づき、
クリエイターの力になる事をしたいと強く感じる。

モーフィングにてBAUSがスタートした事を知り、思い切ってジョイン。
BAUS事業部にてアカウントエグゼクティブ、主に法人周りの営業を担当。
付き合っている彼女が筋肉好きということが発覚し、海上保安官のような肉体になるため絶賛筋トレ中。

南米支部

上野
なつみ

Natsumi UENO

上野 なつみ

1987年、東京生まれ。多摩美術大学芸術学科卒。
広告・雑誌編集に携わる両親の影響で、小学生の頃から雑誌を読みあさる。大好きなアートやデザイン、ファッションを、多くの人に楽しんでもらう仕事がしたいと、編集者を志し美大へ進学。
入学を控えた春休み、mixiで美大生のフリーマガジンPARTNER創刊の記事を発見。入学3日目、恐る恐る向かった事務所、それができたてホヤホヤのモーフィングだった。大学4年間、PARTNER編集長、THE SIXの運営代表、美大生の就職メディア美ナビなど、モーフィングにどっぷりに携わる。多摩美では長谷川祐子教授のもとキュレーションを学び、いつしかメディエイターを志す。
大学3年、3ヶ月間のニューヨーク留学を、素敵な現代美術作家に囲まれて過ごす。活躍する作家のなかには、財団からの支援で海外へ来ている方も多かった。力になるにはビジネス感覚が必要と、帰国後、就職活動。ご縁あり、総合商社へ就職。メーカーとの仕事を通し、日本のものづくり、商売の基本、プロのメディエイターの仕事に学んだ。
2013春、モーフィングへ再び戻るも、諸事情により、2014冬、今度はチリへ。モーフィング独りサンチャゴ支社設立、地球の裏側からPARTNERの編集を担当。

Twitter: @natsumiueno

関西支部

山田

Tsuyoshi YAMADA

山田 毅

1981年、東京都生まれ。武蔵野美術大学芸術文化学科卒。
材木商の父と美大出身の母のもと、山田家の長男として生まれる。
映画好きで、人生の多くのことを映画人や映画作品から学び、自分も同じように映画を制作するために美大に入学する。
大学では、映画制作の傍ら、美術展運営やドキュメンタリー制作などに尽力を注ぎ、芸術と美術、作家と作品、ものつくりの世界に触れる。その影響もあってか、興味は映画制作から映像表現に移り、コントユニット「テニスコート」との出会いによって、さらに舞台表現へと変わっていく。学部卒業後、就職を考えるも大学の研究室に居残り、研究制作を続ける。教務補助、助手、非常勤講師を経て10年間大学に在籍することとなる。
30歳を迎え、心機一転新たな気持ちで何かを始めようと考えていたところ、学部の後輩でもあり、モフの社長でもある加藤氏に出会う。物事にはしかるべきタイミングがあるらしい。そういう想いもあり、縁あってモーフィングに所属することとなる。
2013年、単身京都へ。京都支社を切り盛りしながら、自身のライフワークもしながら、社内外を思いのままに行き来する自由人。

東北支部

長澤
明子

Akiko NAGASAWA

長澤 明子

1987年11月3日文化の日、宮城県仙台市生まれ。
東北芸術工科大学デザイン工学部プロダクトデザイン学科卒。
7歳、絵画コンクールで賞をいただくも、展示会場のスタッフが全出展者の絵をゴミと間違い破棄してしまい、ローカルニュースに。君の絵は星になってしまったのだと不思議な謝罪をされたことは強烈な思い出。お詫びの品にいただいた絵の具でさらに絵を描く。この一件から自分は表現することが好きだと意識し始める。
14歳、お土産にもらったチャールズ&レイ・イームズの展覧会図録がきっかけで、彼らの豊かなデザインや生き方に、眠れなくなるくらいの衝撃を受け、中学校の授業で研究することに。同時期にせんだいメディアテークが開館。人々が文化に触れられる場所が町に出現することで起きる変化を肌で感じる。
宮城県宮城野高校美術科で彫刻を専攻。個性的で愉快なクラスメイトと共に、アートやデザインを学ぶ環境の中で、文化を生み出し、他人を踊らせることのできる人になりたいと考えるようになる。
大学ではプロダクトデザイン学科に入学。廃墟の映画館や小学校でのアートプロジェクトを通して日常をアートでより面白くすることを模索。3年時にkonstfack(スウェーデン王立美術工芸大学)ファインアートコースに交換留学。
学芸員免許を取得後、せんだいメディアテークを経て、「世の中をもっとARTSYに」の言葉に深く共鳴してmorphingへ入社。美大生のメディアPARTNERを担当。

福岡

Hikari FUKUOKA

福岡 曜

1981年、東京都生まれ。早稲田大学人間科学部卒(安全人間工学専攻)。
武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒(インダストリアルデザイン専攻)。
物心ついた時から、絵を描いたりものを作るのが好き。一つ目の大学で人間科学、実験心理学、安全人間工学に夢中になるが、4年次に、そのままの進路で進む自分がどうしてもイメージできなくなる。
逡巡していた時に偶然再会した友人から、「あんた絵好きなんだから美大行けばいいじゃん」と極めてシンプルな意見を貰い、妙に納得し美大に進学。
美大では溺れるほどのカルチャーショックを体験しつつ、「クリエイティブ」や「デザイン」が社会にもたらし得る価値・インパクトを実感。自分の道はこの方向で間違いないぞ、と思えるようになる。
卒業後、グラフィックデザイン、映像制作、Webデザイン、UIデザイン等の分野を経て、現在はUXデザインや、クリエイティブ・カタリスト、デザイン・コンサルティング業務に従事。モーフィングの、良い意味でビジネスの文脈に塗れていない「クリエイティブ」に惹かれ、所属を別に持ちつつも仲間に入れてもらう。
コンサルタントとして様々な分野の人やビジネスと出会える機会を活かし、カタリスト(触媒役)として様々な分野とのクリエイティブなコラボレーションを日々画策中。

制作のご相談やサービスへのお問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。

  • 株式会社モーフィング
  • 〒151-0062 東京都渋谷区元代々木町22-7 村世界1F
  • Tel: 03-6451-2634 | Fax: 03-6451-2638
  • Mail: info@m-inc.jp